中国での歴史①

ここでは、中国における歴史についてご紹介する。

中国は古くから数々の占いの歴史があり、様々な方法で未来を予測しようとしていた。

占いは西洋占術と東洋占術に大きく別れ、よく耳にする占いで中国が発祥だと言われているものはたくさん存在する。

中国占術は、中国占術は「木」「火」「土」「金」「水」の5つの構成要素からなるという五行説という考えからなっていて、たくさんの流派からなる占いが存在する。

これを元にして「四柱推命」や「算命学」「六壬」「気学」などの流派ができたとされている。

中国での歴史②

その中でも四柱推命は、生年月日と生まれた時間帯から、結婚運、健康運、性格、過去、現在、未来に関することなど、個人に関するほぼすべてのことが占うことが出来る。

四柱推命という名前は、生まれた年、月、日、時間をそれぞれ、「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の四つの時間軸としてとらえて運命を占うことからついたとされている。

四柱推命は十干と十二支を組み合わせた「六十干支」暦を使って占うが、四柱推命の起源はこの「六十干支」暦の成立時にまでさかのぼるとされている。

中国で、「六十干支」暦が用いられるようになったのは、だいたい紀元前数千年と考えられている。

そこから、人々の運勢を推測する占いの技術として「六十干支」暦が使用されるようになったのが紀元前3世紀ごろである。

中国戦国時代の秘書官であった珞碌子(らくろくし)が著した「珞碌子三命消息賦」が四柱推命の最古の文献とされている。

このように、四柱推命は非常に長い歴史を持つ占いなのである。

関連エントリー

四柱推命占い TOP >  四柱推命占い  >  中国での歴史

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

四柱推命占いをMy Yahoo!で購読する
四柱推命占いをGoogle readerで購読する
四柱推命占いをlivedoor Readerで購読する
四柱推命占いをはてなRSSで購読する

パーツ